十津川村立十津川中学校のホームページへようこそ。   

 十津川村は、奈良県の最南端に位置し琵琶湖より広く、奈良県の約5分の1を占める日本一広い村です。また、世界遺産に登録されている「紀伊山地の霊場と参詣道」の小辺路と大峯奥駈道が南北を走り、清らかな渓流をまたぐ吊り橋や雄大な滝など、広大な自然と奥深い歴史、そして村に暮らす人々の温もりを感じる多彩で魅力ある村です。  平成24年4月、村内の4つの中学校(上野地・小原・折立・西川)が統合され、日本一大きな村を校区に持つ十津川中学校が開校しました。創立11年目の令和4年度は50名の生徒が在籍しています。