平成25年度「学校経営方針」

(1)教育目標
「学ぶ意欲と、人を思い、生き生きと活動する子どもの育成」

@めざす学校像
○活気があり、明るく楽しい学校
○礼儀正しく、規律のある学校
○人権を尊び、温かさと潤いがあり、ともに成長しようとする学校
○保護者・地域の方々と一体になった教育を推進する学校
○これからの新しい時代に適応できる子どもが育つ学校

Aめざす児童像

もにそだつ子、

よい子、

んがえる子、

かるまでとりくむ子」
○基礎・基本をきちんと身に付けた児童
○自ら学び、考え、進んで取り組む児童
○自他のことを考え、思いやりを持って行動できる児童
○郷土を愛し、国際的な視野に立って物事を見つめることができる児童


Bめざす教職員像
○教育に情熱を持ち、研究意欲に燃える教職員
○公平で厳しさの中に温かさのある教職員
○児童・保護者・地域から信頼される教職員

(2)経営の柱
1.和を大切にし、責任と使命感に満ちた教職員をめざす。
2.機能的な分掌組織と委員会活動の充実を図る。
3.知・徳・体のバランスのとれた児童を育成する。
4.基礎・基本の学習を徹底し学力及び表現力の向上に努める。
5.豊かな心で児童理解に努めるとともに、なかまづくりを大切にする。
   〜いじめや差別を許さない学級作り、学校作り〜
6.食物アレルギー等への理解と対応を図る。
7.特別支援教育の充実と深化を図る。
8.十津川の文化を大切にし、地域に学びふるさとを愛する気持ちを育てる。

(3)今年度の研究テーマ
『自分の思いを生き生きと表現できる子どもの育成』
  〜書くことの指導を通して〜
そのために
@「書く力」の向上をめざし、楽しみながら様々なことを自然に身に付けていく取り組みを展開する。
A国語科での系統的な「書く」指導の取組及び「かけマス作文」「読書タイム」 の時間や様々な語彙力アップの活動を通して「書く」力の向上をめざす。
B 全校で系統立てたノートの書き方を指導する。