十津川探検 〜十津川人物史〜
東 季彦
東 季彦 明治13年(1880)1月平谷に生まれた。22年(1889)8月十津川は大水害に見舞われ、被災者は北海道に新天地を求め移住した。季彦一家も11月新十津川村へ移住した。村の小学校を卒えた季彦は大志を抱いて上京、開成中学(現開成高校)を経て、一高・東大を卒業する。東大卒業後、陸軍経理学校の教授となるが、大正11年(1922)文部省留学生として民法研究のためイギリス・ドイツ・フランスへ渡る。13年(1924)帰国、九州帝国大学法文学部教授となる。昭和4年(1929)日本大学法文学部教授、14年(1939)兄乾政彦(大学教授・弁護士・法学博士)と同じく法学博士となる。17年(1942)義父の創始した北海タイムス社の社長となり、同年母校開成中学の校長となる。20年(1945)日本新聞連盟常任理事、事務局長、26年(1951)日本大学法文学部長、35年(1960)理事、37年(1962)ついに学長となる。
 41年(1966)勲二等に叙せられた。同時期国士館大学法学部教授、44年(1969)日本大学顧問となる。
 東は元乾姓であったが、郷里十津川出身の東武(代議士・農林次官・北海タイムス創始者・深川市開拓者)の養子となり東姓となる。
 東は当時の日本を代表する商法学者として学究の道を歩むと共に、北海道新聞界の先達として大いなる足跡を残した。
 幼少の頃より頭脳明晰、正義感強く、事を処するに常に毅然とした態度を失う事がなかった。このことは37年頃に吹き荒れた日大学園紛争を見事に処理した事からもうかがうことが出来る。
 また郷里を思う念強く、関東郷友会の会長を長く務め、旧郷十津川村や新十津川町の会員や後輩のために心配りをされた。
 令兄乾政彦氏と共に佐佐木信綱先生に師事し和歌を能くした。
 54年(1979)7月病んで、学者として新聞人として清廉潔白の生涯を閉じた。99歳の長寿であった。

遺詠
 大東亜戦争開戦前の何となく不安なる
 空気の中にありて詠める
  “身に迫る大きカにおされつつ
     今日のつとめはかく果たしたり”
 

十津川人物史へ 十津川巡りへ