十津川探検
わたしたちの村 十津川
十津川は永治2年(1142)高野山文書で「遠津川」という文字で登場しています。
「とんと十津川御赦免どころ年貢いらずの作りどり」などと歌われ,白鳳年間より明治の初年まで租税勅免の地でありました。また南北朝,明治維新など歴史の節目にも十津川の名前が登場してきています。明治になり,町村制施行により,旧来の55ヶ村を併せて6ヶ村に編成されました。
また明治22年の大水害に当って,被災者の大半600戸,2,600名が新天地を求め北海道に移住しました。それが現在の新十津川町です。明治23年6月,6ヶ村を再併合して十津川村が誕生しました。

 紀伊半島の中央部,奈良県の最南端に位置するこの村は,面積672平方キロメートル,県の約5分の1,日本一広大な村で,しかもそのほとんどは山林です。
 1,000メートルを超す山は実に100余を数え,この山峡を北から南へ十津川が流れ,これに沿って国道168号線が走っています。
 200をこえる小字と55の大字,7つの区に別れ,県立高校1,中学校4,小学校7,人口約5,000余人,戸数約2,000余戸,年々人口の減少をたどる過疎の村である反面,温泉郷として観光客の訪れが増加している村でもあります。
 上のボタンをクリックすると,さらに詳しい地図をご覧いただけます。 (MapFanWebへリンクします。)

◎ 十津川村の木・鳥・花
◎ 十津川村のあゆみ−総説−
◎ 十津川村のあゆみ−各説(時代と遺物・遺跡)−
◎ 十津川村のあゆみ−明治のはじめごろからのできごと−
1 すみよい村
1 むらの人びとの集まるところ
 (1)むらの集会所
 (2)集会所の見学
 (3)校区にあるみんなのしせつ
2.すみよい村づくり
 (1)むらをきれいにしている人びと
 (2)交通安全にさんかしている人びと
2 わたしたちの十津川村
1 校区のようす
 (1)学校のまわりのたんけん
 (2)校区の地図つくり
 (3)校区の地図をみて
2 村のようす
 (1)村の地図
 (2)村内めぐり
3.わたしたちのくらしと商店のはたらき
1.買いもの調べ
2.買いもののくふう
3.店のくふう
 (1)近くの商店の見学
 (2)くふうする商店がいの人びと
 (3)しなもののしいれ先
4.わたしたちの村でつくり出されるもの
1.山ではたらく人びと
 (1)山の仕事
 (2)山でつくり出されるもの
2.田畑ではたらく人びと
3.工場ではたらく人びと
 (1)せい材所の見学
 (2)村内の工場
5.わたしたちの村のくらしのうつりかわり
1.昔をつたえるもの
 (1)昔使ったもの
 (2)歴史民俗資料館の見学
2.交通のうつりかわり
3.おばあさんの子どものころ
4.お父さんの子どものころ
5.村の人びとの楽しみ
6.村の昔と今
7.これからの十津川村
6.健康なくらし
1.くらしと水
 (1)家で使う水
 (2)かんい水道
2.くらしとごみ
 (1)家のごみ
 (2)衛生センターの見学
7.郷土の開発につくした人びと
1.文化で村につくした人
2.村の開発につくした人