十津川探検 〜わたしたちの村 十津川〜
村のあゆみ
明治のはじめごろからのできごと
年代 村のできごと 村の交通
1860
(文久元)
○十津川の紋として菱十ができる。(文久3)
○文武館を建てる。(元治元年)
1870
(明治3)
○十津川の寺をみんななくす。(明6)
○小森と平谷に郵便局ができる。(7)
○村に40あまりの学校を建てる。(8)
1880
(明治13)

○上野地,風屋,重里,玉置山に郵便局ができる。(15)
○小森に五條警察署の分署ができる。(19)
○十津川に大きな水害が起きる。(22)
1890
(明治23)
 約6,00O人が北海道へ行って新十津川村をつくる。(22・23)
○7つの区と55の大字にして,今の十津川村をつくる。(23)
○小森に新しい役場を建てる。(25)
1900
(明治33)
○折立に郵便局ができる。(38)
○平谷と本宮との間に電話が通じる。(41)
1910
(明治43)
 1920
(大正9)
○新宮から十津川へプロペラ船がくるようになる。(10)
○上野地,折立,平谷に自家発電所ができ.電灯がつく。(12)
○長殿までバスがくる。(14)
○十津川警察署ができる。(15)
○込之上に文武館の新しい校舎を建てる。(昭2) ○上野地までバスがくる。(昭2)
1930
(昭和5)
○風屋までバスがくる。(7)
○長殿に発電所ができる。(12) ○山崎までバスがくる。(12)
1940
(昭和15)
○湯之原までパスがくる。(19)
○村の体育大会か始められる。(22) ○小原までパスがくる。(22)
○小森にあった警察署が小原へ移される。(23)
○小森にあった役場が小原へ移される。(24)
1950
(昭和25)
○村内に電灯がつけられる。(25)
○小森にあった郵便局が小原へ移される。(26)
○県道は国道168号線となる。(28)
○折立までバスがくる。(29)
○平谷までバスがくる。(33)
○168号線の全線が開通する。(34)
1960
(昭和35)
○風屋ダムができあがる。(36)
○二津野ダムができあがる。(37)
○学校統合で西川中学校,西川第一小学校、二村小学校ができる。(39)
○学校統合で五百瀬小学校,平谷小学校,折立中学校ができる。(40) ○林道迫西川竜神線(林道御坊十津川線),笠捨瀞線ができる。(40)
○学校統合で上野地小学校,上野地中学校ができる。(41)
○学校統合で葛川小学校,小原中学校ができる。(42)
○小原峯にNHKのテレビ中継塔ができる。(43)
○重里に十津川村養魚センターができる。(44)
1970
(昭和45)
○学校統合で三村小学校,西川第二小学校,追西川小学校ができる。(45)
 七色の児童は和歌山県の小学校へ。
○県営林道白谷線全線開通する。(45)
○平谷幼稚園ができる。竹筒の児童は和歌山県の小学校へ。(46)
○十津川電報電話局ができる。(46)
○十津川山村振興センターができる。(47) ○奥瀞線開通する。(47)
○「十津川の大踊り」国選択重要無形文化財に指定される。(49)
○ごみ処理場ができる。(50) ○村営バス運行をはじめる。(50)
○十津川村役場が新しく建てかえられる。村民憲章制定。(51)
○南部老人いこいの家ができる。(53)
○北部老人いこいの家ができる。(54) ○林道玉置山線全線開通する。(54)
○林業会館ができる。(54)
1980
(昭和55)
○奥吉野水力発電所ができる。(55)
○新十津川町開基90周年。(55)
○村営パスをバス会社に委託する。(55)
○歴史民俗資料館ができる。(56)
○白谷林道が国道425号線となる。(57)
○竹筒・田戸間にパス運行がはじまる。(57)
○国道168号線湯之原バイパスができる。(57)
○十津川村体育文化センターができる。(59)
○わかくさ国体の火が玉置山でおこされ,平谷から運ばれる。(59)
○十津川村防災無線ができる。(59)
○十津川高校校庭に浦武助の像がたてられる。(60)
○昂の郷温泉プールができる。(61)
○村の木(杉),花(しゃくなげ),鳥(うぐいす)が決まる。(62)
○「21世紀の森」と「紀伊半島森林植物公園」ができる。(62)
○上野地小学校に人工衛星を使った「孤立防止衛星通信用電話」がつけられる。(63)
○山崎に十津川村森林組合の国産材加工施設ができる。(63)
○玉置神社の社務所と台所が国の重要有形文化財になる。(63)
○国道168号線小井工区ができる。(63)
○湯泉地河川公園ができる。(平1)
○日本秘境サミットが十津川村で開かれる。(1)
○十津川パスセンターができる。(平1)
1990
(平成2)
○置村百年記念,ロマン・ふれあい・168が行われる。(2)
○置村百年記念大運動会が行われる。(2)
○新十津川町開基百年記念式典が行われる。(2)
○野長瀬正夫詩碑,フキの像,十津川に昇る太陽の除幕式が行われる。(2)
○置村百年記念式典が行われる。(2)
○交通死亡事故ゼロ1000日達成(2)
○十津川郷の山村生産用具が国の重要有形民俗文化財に指定される。(3)
○小原診療所が改装される。(3)
○県道川津高野線の新川津大橋ができる。(3)

わたしたちの村へ 前ページ