十津川探検 〜瀞洞夜話〜
 「瀞洞夜話」表紙「瀞洞夜話」本文
( 1 ) 鶏と四ツの徳
( 2 ) 開けずの長持
( 3 ) ネズミの宿替
( 4 ) ネズミと罠
( 5 ) 天忠組と柚の實
( 6 ) 爺ちゃんの寫眞のこと
( 7 ) 雷に撃たれ親子三代死す(新宮発行の新聞に見えた)
( 8 ) 小人歌の助と云ふ人の話
( 9 ) 瀞に遊びし最初の貴人であり文人
(10) 赤蜂の巣の話
(11) 犬の小便のこと
(12) 日本和歌のはじめ
(13) 大木を搬出する為、岩を切り開きし跡
(14) 山に火をかけて道の明かりとして帰った狩人の話
(15) 鼠が人の髪に巣を作りかけた話
(16) 提灯の火を見て狸なりと鉄砲を用意せし事
(17) 夜、新しい草履をはく時には
(18) くちなはの大きさを云へば
(19) 田戸秋葉神社の事
(20) 瀞の河床が上がったと云ふ話
(21) 虫送りの事
(22) 田戸部落地質調査年代資料
(23) 蝮の枡型を組む話
(24) 大蛇の話とその事實性
(25) 毬つきの唄
(26) 狐のいなくなった事、その他
(27) 天忠組の乱の餘披を受けて舟行を紀州藩より止められし事
(28) 十津川由緒による刀の威張り方
(29) 田戸番において斬髪の第一番なりし人
(30) 竹筒の某が蒸氣船を試みし話
(31) 狸の腹鼓のこと
(32) 古代文字又は神代伊呂波の事
(33) 玉置神社の神代杉なるもの
(34) 犬吠えの檜の傳説
(35) 當地に存したるタブーの事
(36) 大野・高瀧・小川など五部落の若水
(37) 仕事道具などを祭った正月
(38) 火縄銃での名人の事
(39) 狐憑きの事
(40) 當田戸における散髪のナンバーワン
(41) なすびと胡瓜の事
(42) 無間の鐘とレプラ
(43) ヒマ小屋と云ふものが存してゐた
(44) 玉だすきの事
(45) 大塔宮より賜ひし鏡の事
(46) 蛭の減少せる事
(47) 炭焼きと紀州侯
(48) 猿の甚だしく減った事
(49) アメノウオが化けると信ぜられた事
(50) 明治44年頃に殘ってゐた毬突き唄
(51) 王森山の事(大森山)
(52) 下瀧の長者の事
(53) 慾の熊鷹股裂かす
(54) 玉置神社に存する神代文字に就いて
(55) 瀞八町の「瀞」と云ふ文字は何時から使用されたか。そして誰によって始められたか
(56) 正月元旦
(57) 取次の言葉
(58) 虫送りの唄 昭和31,2,18
(59) 玉置山門のわらじの堆積
(60) 玉置神社の神札(但し祈祷の文言)
(61) 松の木の一重挺のこと
(62) 初生児を喰ひし猫
(63) タクラタと云ふ怪獣の話
(64) 四十釣の淵のこと
(65) 玉置神社祭日の覗き
(66) 火の玉の話
(67) 空飛ぶ円盤の事
(68) エエジャナイカ踊り
(69) 小松山本家の祖先の威光
(70) スズキ追ひの事及び川伏の事
(71) 川伏の事
(72) 下葛川東家祖先の事
(73) 瀞の鯉とウグイの今昔
(74) ハレー彗星の事
(75) 有蔵、島本文吉老人の事
(76) 川魚、特に鮎の捕り方移り変はり
(77) 父が若き頃、猟を止めし原因
(78) 狸のこと
(79) 狸と猪の仔の話
(80) 見事、狸にだまされし實話
(81) 熊野と云ふこと
(82) 當地、高壓電流にての鰻とりの初め
(83) むささびの事
(84) 維新當時の落人
(85) 木地屋の事 @
(86) 山蛭の減った事
(87) 木地屋の事 A
(88) 糠塚の事
(89) 柴巻きタバコの事
(90) 一匹猿の事
(91) 「すすき」と云ふ魚
(92) 小さな蛭の事
(93) 大友の事
(94) 狼にかたげらるる話
(95) 狼の仔を捕らへし話
(96) 三國にまたがる聲やほととぎす
(97) 狼の喰ひ殘せし野獣の殘り物を人がとる、時には如如にせしか、及び生態に関して
(98) 大蟆に弄ばれし話
(99) 白谷山中の動物の骸骨
(100) 下北山村池の峯池と三度平助のこと
(101) 往時における特異な結婚風景
(102) 略奪結婚のこと
(103) 當地の結婚風景
(104) 生まれし子供の礼式について
(105) 傳説、護良親王に関し
(106) 往時における當地の豪族
(107) 川床の高くなりし事
(108) 山窩、俗に方言にもって唱へらるる 川原乞食のことと此地は解す
(109) 煙硝のこと
(110) 當田戸の昔話
(111) 酒客の歌の昔 二節
(112) 餅花の木
(113) 狼のこと
(114) 潮を呑みにゆく大友の吠声
(115) 性器崇拝の習慣
(116) 火傷の時、女陰に触れんとすること
(117) 一匹猿のこと
(118) 狼を射った最後のひと
(119) 狼の牙、魔除として珍重携帯せしこと
(120) 十津川村字高瀧神社使狼のこと
(121) 最後の日本狼のこと
(122) 狼の糞を拾ひし (?)話
(123) 節分のこと
(124) 蜂の巣と猿の話
(125) 跡見花蹊女史と松の木
(126) 北村源吉老人より聞きし昔噺
(127) 「祭文」の來たりしこと(浪曲の卵)
(128) 猿廻しの來しこと
(129) 漫才のこと
(130) 「夜這ひ」のこと
(131) 川原乞食のこと
(132) デコまわし
(133) 浪花節
(134) 時局漫談
(135) 初胡瓜と初茄子を河童に供す
(136) 金毘羅神社への献木
(137) オイチニー(お一二) の藥賣りのこと
(138) 鎌イタチのこと
(139) 田舎芝居のこと
(140) 曲芸師
(141) 16mm映画のこと
(142) 伊勢乞食
(143) 伊勢乞食のこと(石田老人のこと)
(144) 荷持ちの人々、十津川・北山へ入り來る
(145) 山元春挙画伯と猿
(146) 動物の捕獲方法〔山〕
(147) 動物捕獲の方法(川)
(148) 動物の捕獲法〔山〕
(149) 動物捕獲法〔川〕〔山〕
(150) タクラタと云ふ消失せし獣の話
(151) 「籠の鳥」の田戸盆踊りにつき
(152) 士族の株
(153) 強力の人−木津呂の岩吉のこと
(154) 田戸の歌之助と云ふ小人のこと
(155) 幻燈をはじめて見たこと
(156) 煙草と當地熊野地方の喫み方
(157) 燈火の移り変はり
(158) 日本刀のこと
(159) 我等小学校時代の風俗−明治44年〜大正2〜5年頃
(160) 再びカンテラと石油の椿事
(161) 一本だたら又は一つだたらのこと
(162) 狸の溜糞を見る
(163) 狸の食物のこと
(164) アナグマの嗅覚に関して
(165) 盆踊りのこと
(166) 更に狸のことについて
(167) 狸に化かされたと云ふ話
(168) 狸や狐の迷信も考へやうで
(169) 火の玉の話
(170) 瀞河原の白石のこと
(171) 再び瀞和歌山側の大蛇のこと
(172) 蜜蜂をつけると云ふこと
(173) 再度、木地屋のことに就きて
(174) 田舎へやって來た我の覚えの芸能師
(175) 労働者賃金のこと
(176) 鹿寄せ笛
(177) 鉄砲の変遷
(178) 當地鳥類の移り変はり
(179) 弓と我等の幼少時の飛道具遊びのこと
(180) 浄瑠璃のこと
(181) 椎茸のこと
(182) 持ちのこと、つまり荷持ちのこと
(183) 殿井隆興
(184) 長袖の屋敷のこと
(185) 田戸の地名につきて
(186) 絶滅の日本狼より先に滅亡したタクラタ
(187) 猫叉の話
(188) 北山川上流Y家の勢力
(189) 狼、獲物を襲ひ喰ふ様を聞く
(190) クサギ (臭木)  の虫
(191) ムナ虫の症に対して
(192) 歯痛のマジナイのこと
(193) 鼻出血のときには
(194) 湿疹に対しては
(195) 火傷はかくして
(196) 傷と小便のこと
(197) ム力ジにくはれしとき
(198) 刃物にて失神の者をひくこと
(199) 魚骨の喉にたちしとき
(200) 人工呼吸と我ら子供のとき
(201) 物を失った時の話
(202) 耳石のこと、耳島様の話
(203) 山の神の祭と樹の話
(204) 高橋管二先生
(205) 簗のこと
(206) 堰 (セギ)  のこと
(207) これらの魚の姿少なくなりしこと
(208) 盆踊りのこと
(209) 以前の田戸通路と宿
(210) 官又屋敷のこと
(211) 人の眼や耳とその心の相の移り
(212) 大力なりし浦地の祖のこと
(213) 飯のこと、その他の食
(214) 世相流轉の激しき
(215) 獣・川魚の去り行きしこと
(216) 狼の話を聞く
(217) 一本ダタラまた一つダタラの話
(218) 昔の娯樂と狐狗狸さんのこと
(219) 『田戸の廣野に』のこと
(220) 栃木証文のこと
(221) 『御笑ひ申すべくの』証文
(222) 姓のこと
(223) 上田戸、下田戸のこと
(224) 如意宝珠のこと
(225) 古地図と有蔵のこと
(226) 小原庄屋の証文
(227) 明治44年・大正初期の生徒彼是
(228) 全く考へられず、寺子屋式で夢のよう
(229) 後木 (田花)  先生の校風改革
(230) キネマ我が初めて親しとき
(231) 肝とりの話
(232) 氏神様、鎮守神のこと
(233) 我採取せる當地初の化石のこと
(234) 火事のこと
(235) 参謀本部測量の頃の話
(236) 警察電話のこと
(237) 松茸採りの名人のこと
(238) 大自然の法則と生々流轉の人生
(239) 物または犬猫の失せしとき
(240) 山の神の木のこと
(241) ボタモチのこと
(242) 一種の香具師の來りしこと
(243) 天皇像、福神像など、又モグリ新聞社員、製本員のこと
(244) 現在の文明と木村氏チベット10年を読み
(245) 大萩、小萩のこと
(246) 昔の郷土を知ること
(247) 再び日本人のこと
(248) 続昔の郷土を知ること
(249) 餅搗踊り
(250) 大正12年頃の瀞を偲ぶ
(251) ミズヒョロロと云ふ鳥のこと
(252) 堰出しのこと
(253) 赤木の城より朝鮮へ
(254) 葛川谷の昔の階級、その他
(255) 乘本妙権太夫、コサメコジロウのこと
(256) 天誅組に加担したため十津川封鎖のこと
(257) 天誅組に徴用されし田戸の人々
(258) 民間で使はれている自然物(藥用、食用、子供用) のこと
(259) 葬式の片々
(260) 仏教の遺風と信仰に関すること
(261) 高瀧の宮の御使者を借りしこと
(262) 子供の祝に具へて
(263) 神社御神体盗難のこと
(264) 官吏侮辱罪の悪法の頃
(265) 山窩衰亡期最後の被害者
(266) 川原乞食の産するとき
(267) 天誅組の変に備へて十津川郷と隣村
(268) 第二次大戦時のこの辺りの思ひ出
(269) 昭和18年第一回大地震のこと
(270) 此を書き殘す意義
(271) 狩人、犬、獲物の関係
(272) 學者の動物調査と山村入り
(273) タクラタ補遺
(274) 大工と立膝のこと
(275) 猫とマタタビのこと
(276) 津久(ツグ) 騒動又は北山一揆のこと
(277) キリストは云った
(278) 赤木城悲史
(279) 湯之口出身、宇城文六氏の發奮のこと
(280) 私のこと
 
「瀞洞夜話」について
 この「インターネット版風俗図絵」は教育委員会発行の「林宏十津川郷民俗探訪録 民俗4」をもとに再編集したものです。
 
「瀞洞夜話」筆者 中森瀞八郎 について 「瀞洞夜話」筆者 中森瀞八郎 について