十津川探検 〜風俗図絵〜
筏,炭焼夫,中文治翁
  図1(1) 筏力ンを使い始めるまでは、(材木に)すべて「メガ」と云う穴を作って「ネジ」を通して組んだものである。されば「メガヨキ」とて特に細長い斧が使われた。此の地方の人は脇下裾に、「馬乗り」と云う切れ目のある縫い方のハンチャを着、「ヤロ」と云う欅の皮で作った刻み煙草入れを差している。煙管筒は木作り、木皮製廃れる前頃はエボナイト物もあった。
 下に看た脛切バッチは江戸脚絆。バッチの股は違ひ合わせになっていて、大小便共脱がずに用足し出来る。これらはすべて市木木綿。色はバッチが青色、脚絆は紺、上着物は縞物が大半で、餅、格子などさまざま。
 子供の頃、祖母より開いた話では、「俺等の若い頃は、厳冬でも足袋の底のあるものを履いたことはなかった。」と云う。自分らの少年時代は、すでにそんな人は見かけなかったが、それでも今と比較すると随分惨めな服装が多かった。
図2(2) 俺等の少年時代、炭焼夫の格好は斧と鉈だけの道具だけで鋸は持っていなかった。鋸で切ると新芽の発生が悪いと云われていたのである。ボロ切れ(ボロ布のこと)で縄帯を作っていたものが多い。倹約もあるが、しごき帯よりも道具の柄が腰に差し易くて能率的である。
 破れ目を繕ったのは実に驚くほどであった。特に肩と肘は常に繕われていた。ズボンは裾を括ったような装束をしていた。下ばきは、これは炭焼きに限らず、労働者の主な履物であった。
 道具は、武士の帯刀のように左脇に差している人が多かったことが印象に残っている。多分左利きの人が図のように差したのだと思うが、その当時としては道具の柄が特に長かったから、山を分け入るに(左差し)都合が良かったらしい。近年は斧(ヨキ)を携えた人が殆どなくなった。ヨキに代わるに「コガ」又は腰ノコと云うものを使うようになった。
図3〜5(3) 昭和10年(1935年)山彦橋架設当時、中文治翁が図のような紺の「フンゴミ」と云うものを用いていた。今のモンペと同型なり。その頃まで、老人の大工がよく着けているのを見かけた。
 腰の物は眼鏡入れと貨幣入れ。中翁が愛用していた。

(4) 昭和10年頃までの炭焼夫の服装と道具。〔(2)の再掲である〕
上着、多くは市木木綿。「ハンチャ」にくけ帯(端を縫い合わせ)。くけ帯は、しごき帯と異なり、(道具の)柄尻がつかえなくて片手で楽に腰に差せるので能率的である。バッチがズボンと異なる点は、股が違ひ合わせになっていて、大小便のとき脱がずに用足し出来る。
 現在の炭焼夫は、下が単袴かズボンで多くは洋風になっている。これは、和服が洋服に変わるにつれ、古着をそのままに使用するからである。作業着を特に洋服にするわけではないが。

(5) 説明なし。

風俗図絵へ