十津川探検 〜十津川巡り〜
西川中串捷水路
 
上流堰堤
●上流堰堤
@二津野ダム湖に流入する西川下流域での堆砂[たいしゃ]による水位の上昇を抑えるため、堆砂排除とそれに伴う土砂処分場の確保。
A国道168号線の改良や支線の新設改良に伴う建設残土の処分場の確保。
B地域振興を図るための広大な平地づくりの確保。
のために計画された西川中串捷水路[しょうすいろ]は、中串の鞍部を開削することにより8mの高低差が生まれ下流への堆砂進行を遮断するものである。
 平成10年(1998)2月、西川の河川の変更が行われ、新しく造られた捷水路に水が流れ込んだ。
 捷水路の開削と上・下流部への築堤に伴い、約1kmの廃川敷が確保されるが、今後、堆積土砂処分と建設残土の捨て土によって生じる平地は、「むらおこし」のための公共用地として有効利用されるものとなる。


  捷水路
長さ  30〜50m
 53m
高さ  8m

 
西川中串捷水路(奥の方は魚道) 廃川敷を平地にかえる
●西川中串捷水路(奥の方は魚道) ●廃川敷を平地にかえる
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE