十津川探検 〜十津川巡り〜
下湯
 
下湯 出谷川の下流にあり、約300年前の元禄年間、炭焼きによって発見されたといわれている。
 泉質はナトリウム炭酸水素塩泉で、浴用の効能は、きりきず・火傷・リユウマチ性疾患等である。
 かつては湯元に宿があったが現在はボーリングされた泉源から、十津川温泉昂の郷等へ送湯されている。
 
十津川温泉の源泉下湯
●十津川温泉の源泉下湯
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE