十津川探検 〜十津川巡り〜
はてなし
 
 十津川の南端を東西に走る果無山脈は、和歌山県との県境をなしている。
 この山脈の東端を越える街道は、古来紀州との交通の要衝[ようしょう]に当たり、熊野三古道の一つ小辺路[こへじ](高野街道)と呼ばれていた。
 この街道を通り果無山を越え、或いはこの山を遠望、又この山に思いを馳せた古人は、それぞれの感懐を歌に託している。

   “つづくりも果無坂や五月雨”
      芭蕉の門人向井去来(猿蓑)

   “はるばると見渡す山の春景色
      かすみのあなたはてなしの峯”
        十津川郷士 千葉佐仲

   “雲を踏み嵐を攀[よ]じて御熊野の
      果無し山の果てもみしかな”
    「南山踏雲録」の著者 伴林光平
      (書名の由来となった歌)
 
はてなしを望む
●はてなしを望む
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE