十津川探検 〜十津川巡り〜
高岩寺山門
 
 大字平谷、奈良交通バス停横にある。
 高岩寺は明治初年、廃仏毀釈により廃寺となったが、山門だけは残された。
 山門は切妻造りの四脚門、屋根は瓦茸き、柱は円柱、礎石も円形である。
 この山門は、寺跡が学制発布により平谷小学校となり、昭和40年(1965)学校統合により廃校となるまで校門として使用され、親しまれてきた。
 徹底した廃仏毀釈により、村内50有余の寺のことごとくが取り壊わされた中で、今日まで保存されたこの山門は、極めて貴重な存在である。
 
高岩寺山門(平谷 奈良交通バス停横)
●高岩寺山門(平谷 奈良交通バス停横)
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE