十津川探検 〜十津川巡り〜
21世紀の森と森林植物公園
 
 共に十津川村と下北山村を結ぶ国道425線沿い、滝から約10km大字小川領内古ル野にある。

 〇21世紀の森
 自然に親しみながら、森林や林業のことが学習できる森を目指して、昭和58年(1983)から4年間で、林野庁と県によって施設が整備された。
 ここには村の花シャクナゲを集めた「世界の森」や「森林館」・「野球場」等がある。最近では村の催しものなどが行なわれるようになった。

 ○紀伊半島森林植物公園
 紀伊半島に自生している樹木や、草木類を集めた公園で、国土庁の「田園都市構想モデル事業」として昭和57年(1982)から4年間で整備された。公園は「奥駆の森」「生態の森」「なりわいの森」等からできている。又これらの森は、玉置山周辺と南奥駆道によってつながれている。
 
しゃくなげ 公園内でのイベント
●しゃくなげ ●公園内でのイベント
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE