十津川探検 〜十津川巡り〜
中井庄五郎佩刀
 
   展示品の刀は十津川郷士中井庄五郎の佩刀[はいとう]である。
 庄五郎は弘化4年(1847)野尻に生れ、居合[いあい]の達人といわれた。
 文久3年(1863)御所警衛の為上京、多くの志士と交わったが、特に坂本龍馬・中岡慎太郎とは親交があった。
 慶應3年(1867)11月、坂本・中岡の両名が暗殺された。庄五郎は必死になって犯人を探索し、遂に天満屋に居ることをつきとめ、同志と共にこれを襲撃、乱闘の末、斬死した。21歳であった。
 大正4年(1915)正五位が贈られた。
 京都霊山に招魂碑が、天満屋跡には中井庄五郎殉難之地碑が建てられている。
 
坂本龍馬と親交のあった中井庄五郎の佩刀
●坂本龍馬と親交のあった中井庄五郎の佩刀
 

歴史民俗資料館の他の展示物も紹介していますので,こちらもどうぞご覧下さい。

 ○大水害・人物・民家
 ○仏像
 ○大般若経
 ○梵鐘
 ○天上輿
 ○
 ○令旨・綸旨
 ○菱十印旌旗
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE