十津川探検 〜十津川巡り〜
菱十印旌旗
 
 
無沙汰書
●無沙汰書
 文久3年(1863)、幕末天下騒然たるこの時期、十津川の郷士は朝廷に対し、「忠勤を励みたい」と願い出、許されて「御所警衛」の任についた。
 この時、朝廷から御紋章付菱十印の旌旗[せいき]と玄米500石を賜わった。もともと十津川の郷章は(○十)であったが、この時から(◇十)印となり現在に至っている。
 明治22年(1889)大水害の為分村移住した北海道新十津川町のシンボルマークも、十津川村と全く同じ菱十印である。
 
旧郷幟旗 菱十印旌旗
●旧郷幟旗 ●菱十印旌旗
 

歴史民俗資料館の他の展示物も紹介していますので,こちらもどうぞご覧下さい。

 ○大水害・人物・民家
 ○仏像
 ○大般若経
 ○梵鐘
 ○天上輿
 ○
 ○令旨・綸旨
 ○中井庄五郎佩刀
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE