十津川探検 〜十津川巡り〜
天上輿
 
   玉置神社の宝庫に保存されていたものである。
 玉置山には初め玉置神社が、中世になって高牟婁院[たかむろいん]法王寺ができ、熊野三山の奥の院と称せられた。法王寺は最初京都安井門跡に、後享保12年(1727)聖護院門跡[しょうごいんもんぜき]に属して、慶應4年(1868)迄140余年間、同院の末寺であった。
 この間、23代、何れも門主一代一度、入山の定めにより、奥駆修行をされ、その折玉置山に宿泊、送迎にこの天上輿[てんじょうこし]が使用された。
 尚文化3年(1806)の記録によると、聖護院宮様御一行の人数は500人余であったという。
 
聖護院宮送迎用天上輿
●聖護院宮送迎用天上輿
 

歴史民俗資料館の他の展示物も紹介していますので,こちらもどうぞご覧下さい。

 ○大水害・人物・民家
 ○仏像
 ○大般若経
 ○梵鐘
 ○
 ○令旨・綸旨
 ○菱十印旌旗
 ○中井庄五郎佩刀
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE