十津川探検 〜十津川巡り〜
仏像
 
  仏像 明治初年の神仏分離令により、全国的に廃仏毀釈[はいぶつきしゃく]が行なわれたが、この十津川郷は最も徹底して廃仏が行なわれ、玉置山の寺をはじめ、村内53の寺のことごとくが廃された。寺はうちこわされ、仏像の殆んどが川に投げこまれるなど捨て去られてしまったが、秘かにこれを保存し、現在まで守り伝えられたものもあった。
 ここに展示された仏像は難を免れた貴重なものである。
 
残された仏像
●残された仏像
 

歴史民俗資料館の他の展示物も紹介していますので,こちらもどうぞご覧下さい。

 ○大水害・人物・民家
 ○大般若経
 ○梵鐘
 ○天上輿
 ○
 ○令旨・綸旨
 ○菱十印旌旗
 ○中井庄五郎佩刀
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE