十津川探検 〜十津川巡り〜
東國吉遺徳碑
 
   大字小原、診療所前にある。
 東國吉は明治15年(1882)大字永井に生れた。文武館卒業後、北海道に移住した長兄東武を頼り渡道、その後単身北米に移住した。
 北米にて40余年間、勤勉努力、質素孤独の生活を送り、70才でフィラデルフィヤの病院で亡くなった。「遺産のすべては十津川村に寄附し、教育と医療に役立てられたい」と遺言が残された。
 村では、診療所と十津川高校図書館の建設、残金を奨学金として、故人の遺志を生かすこととした。
 昭和29年(1954)12月、村は永くその徳を伝える為、遺徳碑を建立した。
遺徳碑 診療所(遺産による建物は改築された)
●遺徳碑 ●診療所(遺産による建物は改築された)
十津川高校図書館(現東記念館) 東記念館
●十津川高校図書館(現東記念館)
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE