十津川探検 〜十津川巡り〜
荒木貞夫終焉之地
 
   大字小原役場前、護国神社入口にある。
 元陸軍大臣、元文部大臣荒木貞夫の終焉の地が何故に十津川村となったか、その理由を要約すれば次の如くである。
 荒木はかねてから、天誅組と2・26事件が酷似[こくじ]しているのに関心をもち、天誅組の舞台となった現地に行き、事跡を調査したいという念願をもっていた。
 たまたま十津川村の招きで、昭和41年(1966)10月末来村、滞在2日、史料調査、講演を行なったが、不幸にして11月1日「十津川荘」において心臓発作を起こし、佐藤首相への遺言を口述して永眠した。
 昭和42年(1967)11月、村は「終焉之地碑」を建てた。碑表の書は時の内閣総理大臣佐藤栄作である。
 尚歴史民俗資料館には、その死去に際しての村の誠意に対して、荒木家より贈られた家宝の恩賜の軍刀が陳列されてある。
最後の講演をする荒木貞夫
●最後の講演をする荒木貞夫
 
十津川荘
●十津川荘
終焉之地
●終焉之地
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE