十津川探検 〜十津川巡り〜
四所神社
 
   大字小原字平瀬、役場前にある。
 殆んど同型式の4つの社が西面して並んで建てられており、向かって右から、八幡神社・春日神社・四所神社・住吉神社で、いずれも一間社、隅木入り春日造り、こけら茸きである。

〇八幡神社
 江戸中期以前の作

○春日神社
 江戸初期の作、4社中、様式最古規模は小さいが、この地方では最も技巧の優れた社殿建築といわれている。

〇四所神社
 江戸中期の作、4社の中で軒が最も高く、正面階段に高欄があり、第一社の格を示している。

○住吉神社
 江戸中期かそれ以降の作。4社の中では最も新しい。
第一社の格をもつ四所神社
●第一社の格をもつ四所神社
 
同型式の四社
●同型式の四社
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE