十津川探検 〜十津川巡り〜
護国神社
 
 大字小原、役場前にある。
 明治5年(1872)4月、天誅組の義挙等国事に倒れた郷士の慰霊の為、大字小森、乾馬場に碑を建てた。後、明治11年(1878)4月招魂社をつくり、以来殉国の郷人を合祀してきた。昭和38年(1963)小森の地より、現在地に移転した。
 祭神は、文久年間以来の郷士、軍人、軍属、満州開拓団員、満州開拓農場奉仕隊員、満蒙開拓青少年義勇軍、学徒勤労動員等1,000名近い犠牲者である。例祭は毎年4月10日である。
本殿 参拝道
●本殿 ●参拝道
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE