十津川探検 〜十津川巡り〜
十津川の大踊
 
   武蔵・小原の両大字と西川地区に伝わる「大踊」は、「十津川の大踊」 として、昭和49年(1974)国選択無形文化財に、昭和53年(1978)県指定無形文化財に、平成元年(1989)国指定重要無形民俗文化財に指定された。県内では3件目の重要無形民俗文化財の指定である。「十津川の大踊」は、近世の初め流行した踊りが伝わったとみられるもので、カラフルな房をつけたバチ、太鼓、扇、切子灯籠などを手にした男女が、盆の8月、盛大に踊るものである。
 念仏踊りの系譜をひくともいわれるこの踊りは、風流[ふりゅう]踊りの典型例として貴重な芸能とされている。
 この踊りは「武蔵」「小原」「西川」各踊保存会が、各地区の特色を生かした保存継承につとめている。
武蔵大踊
●武蔵大踊
西川大踊
●西川大踊
小原大踊
●小原大踊
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE