十津川探検 〜十津川巡り〜
楠正勝の墓
 
   大字武蔵にある。
 正四位楠正勝は南朝の忠臣楠木正成公の孫である。
 伝えるところによると、正勝は金剛山千早城落城後、弟の正元と共に来郷、武蔵において再挙を計り10年余を過ごしたが、応永11年(1404)一説には応永18年(1411)正月15日病死、この地に葬られたという。
 明治年間、郷人達の手によって境内が整備され、追悼祭が行なわれた。武蔵の人々は毎年4月3日に祭典を営み、その霊を弔っている。
 正勝は又虚無僧[こむそう]の元祖ともいわれており、平成元年(1989)9月16日虚無僧研究会主催による、墓前供養尺八献奏大会が行なわれ、全国から会員約60人が集まり、尺八の献奏が行なわれた。村の有形文化財である。
 
楠正勝の墓
●楠正勝の墓
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE