十津川探検 〜十津川巡り〜
こだまの里
 
   大字池穴にあり、経営主体は社会福祉法人こだまの会である。

  設立趣旨
 こだまの里は、障害を持つわが子の親なきあとの幸せを願う、十津川手をつなぐ親の会の悲願に応えて、池穴の中心部に建設されています。
 知的障害を持っているため、社会生活に適応出来ない人々を保護し、自立を援助するとともに、ここで暮らす人々が、地域に溶けこんでごく普通の暮らしが出来るよう、施設におけるノーマリゼーションの実現を目指しています。
 十津川村で最初の福祉施設として、今後の村の福祉施設の指針となることを期待されています。
 
こだまの里 こだまの里
●こだまの里
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE