十津川探検 〜十津川巡り〜
笹の滝
 
 
笹の滝
●笹の滝
 国道168号線滝川口より東へ約12km、渓谷美豊かな滝川の上流にある。
 しぶきをあげて流れ落ちる滝そのものの姿もさることながら、滝壷より溢れ出て、白くなめらかな岩肌を洗う流れも又、一見の価値がある。
 幕末、天誅組の伴林光平一行は、風屋から滝川をさかのぼり、花瀬を通り、嫁越峠を越えて、北山郷白川に出た。
 光平は笹の滝を過ぎるとき、
 小笹瀧と題して、
 “世にしらぬあわれをこめてしぐるらん
       小笹の瀧の在明の月”
と詠んだ。
 この笹の滝は「日本の滝百選」の一つに、またこの滝を上流とする滝川渓谷の水は、県内31ヵ所の「やまとの水」の一つに選ばれている。
 
伴林光平歌碑 榊本草山歌碑
●伴林光平歌碑 ●榊本草山歌碑
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE