十津川探検 〜十津川巡り〜
伴林光平歌碑
 
   国道168号線滝川口よりやや上流、大字滝川林道内原線沿い藤沢宅前にある。

 “世を棄てゝくまばや汲まん白菊の
      花の中ゆく 瀧川の水”
       瀧川の里にて 伴林光平

 伴林光平は河内の人、天誅組の参謀、記録方として来郷、天誅組の十津川退陣決定後、退出の間道を探すため、深瀬繁理[しげり]と共に滝川より花瀬を経、嫁越峠を越えて北山郷白川に出た。その後天誅組は鷲家口にて潰滅[かいめつ]、光平は逃れたが河内の国境岩船山附近で捕えられ、元治元年(1864)京都六角獄の露と消えた。
 年52歳。獄中「南山踏雲録」を著す。獄中の歌約90首、これはその一首である。
 
歌碑 滝川の里
●歌碑 ●滝川の里
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE