十津川探検 〜十津川巡り〜
風屋ダム
 
   大字風屋にある。
 このダムは吉野熊野総合開発計画の内、電源開発を目的として、昭和33年(1958)10月、電源開発株式会社によって着工、昭和35年(1960)10月発電を開始した。ダムの高さ101m、堰堤[えんてい]の長さ329m、発電能力は75,000キロワットである。
 このダムによって108戸が水没し、住民の多くは国道端に移転した。
 尚、風屋ダム工事による資材、機器の運搬の為、天辻峠を100m切り下げ約1.2kmのトンネルを掘削[くっさく]、水没道路6kmの付け替え等、国道168号線の大改修が行なわれた。
 
放水路ゲート ダムと風屋の集落
●放水路ゲート ●ダムと風屋の集落
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE