十津川探検 〜十津川巡り〜
三里山と歌碑
 
   風屋から三里山に至る坂道約1km、三里山から高津までの比較的なだらかな山道約8km、計約9kmの村道を通称三里山と呼んでいる。三里山は昔、十津川村の上[かみ](上野地方面)と下[しも](風屋、小原方面)を結ぶ幹線道路であった。現在の道路が出来た今、行人絶えてなく、荒れた山道のみが残っている。
 この三里山への登山口にあたる風屋郵便局前あたり、風川宅裏口附近に野良瀬正夫の歌碑がある。

   “三里山泣き泣きこえて若き日に
      出でしふるさとわする日はなし”
                野長瀬正夫
 
歌碑 三里山への登り口あたり
●歌碑 ●三里山への登り口あたり
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE