十津川探検 〜十津川巡り〜
新川津大橋
 
   県道川津高野線の風屋ダム湖上に架けられており、平成3年(1991)5月の完成である。
 川津大橋の老朽化により架け替えられた「新川津大橋」と呼ぶこの橋は、ニールセン系ローゼ桁形式では奈良県下最初、全国最長級であり、スマートで経済的なのが特徴。
 全長201m、幅員9.8m、橋上のアーチ部から吊した直径56mmのワイヤロープ60本余りで二車線道路部を支えている。
 
新川津大橋 手前旧川津大橋
●新川津大橋 ●手前旧川津大橋
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE