十津川探検 〜十津川巡り〜
野崎主計碑
 
   碑は大字川津、旧川津ユースホステルの庭にある。
 野崎正盛通称主計[かずえ]は川津の生れ、幕末十津川郷を代表する勤皇の志士の1人である。
 安政の初年、同志と共に京都に上り、梅田雲浜[うんぴん]はじめ諸国の志士と交わった。
 読書を好み、世情に通じ、当時この地方一の物識りと言われた。その為、主計のもとを訪れる志士も数多くいたという。
 文久3年(1863)8月、討幕の狼煙[のろし]をあげた天誅組が、十津川郷に援兵を求めた際、主計は総裁吉村寅太郎の呼びかけに応じ、一郷を率いてこれに参加、各地に奮戦した。やがて政変により天誅組が賊徒となっていることを知るに及んで、十津川郷は止むなくこれを離脱、主計は責任を一身に負う遺書を残して川津の山中で自刃した。
 年40歳であった。

 辞世 “討つ人も討たるる人も心せよ
         同じ御国の御民なりせば”

 主計の自刃後5年、維新の大業成り、天誅組は義挙と称せられるようになった。明治24年(1891)正五位を贈られた。この墓表は中沼清蔵の文で愛石環亭の書である。
 ダム築造の為、水没を避けて現在地に移転された。
 
辞世 野崎主計墓表(川津)
●辞世 ●野崎主計墓表(川津)
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE