十津川探検 〜十津川巡り〜
長澤義訓墓碑
 
 
長澤義訓墓(上野地共同墓地)
●長澤義訓墓
 (上野地共同墓地)
 大字上野地共同墓地にある。
 長澤義訓(通称俊平)は丹波亀山の藩士で安政元年(1854)正月、妻と共に十津川郷に永住の目的で来郷した勤皇家である。
 安政4年(1857)8月、十津川郷士と相はかって、十津川郷民の勤皇の志気を鼓舞[こぶ]するため、小原滝峠に大塔宮護良親王御詠の碑を建立した。
 碑背に俊平の撰文[せんぶん]が刻まれている。
 同年11月、小栗栖[おぐるす]において自殺した。原因はわかっていない。
 万延元年(1860)冬、上平主税[かみだいらちから]によって小栗栖に石碑が建てられたが、後年道路工事のため現在地に移された。
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE