十津川探検 〜十津川巡り〜
堀玉三郎頌徳碑
 
 
頌徳碑(駐在所横)
●頌徳碑(駐在所横)
 上野地駐在所横にある。
 堀玉三郎は和歌山県朝来[あっそ]の生れ、掘藤蔵の養嗣子として十津川に移った。
 家業の建設業を継ぎ、刻苦勉励[こっくべんれい]して大成した。昭和22年(1947)より12年間、奈良県議会議員として、各常任委員長、副議長、議長として県政発展に力を尽くした。特に吉野熊野総合開発、十津川分水、電源開発、国道168号線の貫通などに精魂を傾け、その完成に多大の貢献をした。
 昭和35年(1960)惜しまれて世を去った。57才であった。
 昭和40年(1965)11月、十津川・大塔・野迫川・西吉野4ヵ村と有志によって頌徳碑が建てられた。
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE