十津川探検 〜十津川巡り〜
迫水没記念之碑
 
   大字旭、字迫[せい]にある。
 この地にあった「迫」は室町時代、大峯回峯の人々が住みついた時に、始まったと伝えられている。
 以来、600有余年、「迫と背中は見ずに死ぬ」とたとえられる程の秘境の中で、村人は平和に生きてきた。
 この迫に昭和46年(1971)関西電力が揚水式発電所を計画、昭和49年(1974)水没のため、迫の人々は墳墓の地を離れた。
 ダム建設に先きだち、民俗調査が行なわれ、「旭ダム関係地民俗等調査報告書」としてまとめられた。
 又、文政4年(1821)建築の旧木村家住宅は、大和民俗公園(大和郡山市)に移築された。
 碑は昭和55年(1980)に建てられた。
下部ダムのほとりにある水没記念碑
●下部ダムのほとりにある水没記念碑
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE