十津川探検 〜十津川巡り〜
御赦免地歌碑
 
   五条市より大塔村を通り、村境の城門トンネルをぬけると右手、十津川村観光案内図のとなりに歌碑が建つ

 “とんと十津川御赦免どころ
      年貢いらずのつくりどり”

− 歌碑由来 −
 伝えるところによると、壬申[じんしん]の乱で十津川郷は大海人皇子[おおあまのおうじ]の加勢をした。勝利した皇子は後、第40代天武天皇となられたが、このとき戦功を賞して、三光の御旗と、
   御製
   “遠津川吉野のくすのいつしかと
       仕へぞまつる君がはじめに”
をたまわり、併わせて無年貢地とされた。以後約1,200年の間、即ち明治の地租改正まで十津川郷は御赦免地となった。
 このことがいつしか俚謡[りよう]となり、現在まで村人にうたいつがれてきた。

 
御赦免地歌碑 城門トンネル
●御赦免地歌碑 ●城門トンネル
 

十津川巡りへ エリアA エリアB エリアC エリアD エリアE